ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

トップ  >  求人情報  >  訪問看護ってどんな仕事?

サイト内の現在位置です:

求人情報

訪問看護ってどんな仕事??アンケート

スタッフにきいてみました 

アットホームでは正・准看護師、保健師、作業療法士、理学療法士が訪問看護に携わっています。
それぞれの立場からのさまざまな回答をぜひ参考にしてください。

 1.従事する前の期待や不安を教えてください

 2.訪問看護に興味を持ったきっかけを教えてください

 3.訪問看護をやっていて良かったこと・嬉しかったことは?

 4.つらかったこと・難しいなと感じたことは?

 5.従事するにあたり一番大切なことを挙げるとしたら何ですか?

 6.訪問看護の魅力は何ですか?

 7.これからしたいことは?

 8.訪問看護従事者データ

所長経験者にききました

スタッフのアンケートを受けて、訪問看護ステーション所長経験者3人に「訪問看護ってどんな仕事?」について語り合ってもらいました!

対談式アンケート(PDF形式 508KB)

-----------------------------------------------------------------------------

 1.従事する前の期待や不安を教えてください

※()内は性別・職種・アットホーム勤務歴

・利用者さんの家庭に入り、本人だけでなくご家族の気持ち等を聴くことができること。(男性・看護師・1年目)

・病院と違い、訪問時ひとりで判断しなければいけない場面があると思い、初めはとても不安でした。(女性・看護師・5年目)

・精神科の依頼が多いと聞き、全く経験がない中、対応方法や自分の言葉一つで相手を混乱させるのではないか・・・など。(女性・看護師・8年目)

トップへ戻る

 2.訪問看護に興味を持ったきっかけを教えてください

・精神デイケアで働いていた時に、アットホームで訪問看護をする機会があり、デイケアと自宅での様子が違う利用者さんを見て、デイケアとは違う役割が訪問看護にはあることを知った。(女性・作業療法士・1年目)

・家の近くの事業所で、社内保育室があったこと。看護師以外の職種で保育室を利用できる所は少ないんです!(女性・作業療法士・2年目)

・利用者さんの背景(家庭環境や社会)を観察してのかかわりができるから。(男性・看護師・1年目)

トップへ戻る

3.訪問看護をやっていて良かったこと・嬉しかったことは?

・臨床とは違い、ゆっくり時間をかけて利用者さんが良い方へ向かわれます。それを一緒に我が事のように喜び合えることにやりがいを感じています。(女性・看護師・2年目)

・在宅で看取りができて、ご家族が納得、充実のようなものを感じてもらえた時、良かったと思います。(女性・看護師・8年目)

・目標に向かって利用者さん・ご家族・スタッフ・サービス事業者が一緒に考え、ケアをしていく中で得られる達成感。(女性・看護師・7年目)

・何回も通うことで、拒否的だった利用者さんが話をしてくれるようになったり、笑わなかった方が笑ってくれたこと。(女性・作業療法士・1年目)

・「自分は自分のままでいい。色々な人がいて、色々な対応があって当たり前」と先輩に言われたこと。(女性・作業療法士・2年目)

トップへ戻る

4.つらかったこと、難しいなと感じたことは?

・訪問先で門前払いもある。「帰って。訪問は必要ない。」など、拒否的な態度に遭遇した時。とにかく何度も行きます。そして覚えてもらう。味方だと認識してもらうまで。(女性・看護師・8年目)

・「自分だけが看護らしいことを何もできていないのではないか」と感じていました。数か月か一年か続いたように思います。他のスタッフと話をしたり、訪問を続けていく中、「らしさ」へのとらわれあったことに気づき、「できるだけのことをするしかない」と思うようになりました。(女性・看護師・4年目)

・家族の協力が得られず、主治医の診察も受けられない状況の方がいます。ご本人の意思やご家族の協力がないと治療の継続ができません。病状が悪化し、入院や亡くなられた時は無力感を感じ、どうしたら良かったのか・・・といつも考えますが、答えが見つからないことも多いです。(女性・看護師・11年目)

トップへ戻る

5.従事するにあたり、一番大切なことを一つ挙げるとすると何ですか?

・自分も楽しいと感じ、共感・共有することと、情に流されずに客観的かつ冷静に捉えることでしょうか。(女性・看護師・8年目)

・しんどいところを乗り越え、仕事を続けていくためには、自分ひとりで受け止めず、何事も他のスタッフと分かち合うことが一番大切だと思います。(女性・看護師・5年目)

・自分の判断のみで動いたり決めつけたりせず、単独行動せず、皆で相談し方向性を決めていくこと。(女性・看護師・5年目)

・正しそうな一つの価値観で利用者・家族を支配しようとしないこと。その利用者・家族なりの歴史・価値観を尊重していくことから始めなければ、訪問に入れません。訪問に入れなければ、社会的に孤立した家族をつくり出すことになります。(女性・看護師・4年目)

トップへ戻る

6.訪問看護の魅力は何ですか?

・利用者さんに信頼されていると感じられたとき。(女性・看護師・5年目)

・数年前の利用者さんの状況と現在を比べ、大きく成長されている姿を見ると、とてもうれしく感じます。(女性・看護師・11年目)

 ・病棟に比べ時間の流れがゆるやかで、その分ストレスが少ない、夜勤がないところ。ひとりの利用者さんに丁寧にかかわることができ、子育てと両立できるところです。(女性・看護師・4年目)

・家族、医療、行政機関、地域の人、他サービスなど、利用者さん個人だけでなく色々な人たちと共働できること。(男性・作業療法士・5年目)

・いつでも話をしやすい、相談しやすい雰囲気の職場。いつでも誰かの笑い声がしているところです。(女性・作業療法士・2年目)

トップへ戻る

7.これからしたいことは何ですか?

・勉強。病気のことも、薬のことも、利用者さんのことも全てです。(女性・作業療法士・5年目)

・認知症看護のスペシャリストを目指しています。認知症の方もそのご家族もそうでない人も、「生きてきて良かった」と思える社会づくり。(女性・看護師・4年目)

・長いスパンで一人一人の利用者さんと関わっていきたいです。(女性・作業療法士・1年目)

トップへ戻る

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◆従業員データ(2013年10月1日時点)

訪問看護従事者 全体55名 (男性10名-18% 女性45名-82%)

年齢
20代 10名-18%
30代 16名-29%
40代 15名-27%
50代  8名-15%
60代  6名-11%

資格
看護師   36名-65%
准看護師   8名-15%
理学療法士  3名-5%
作業療法士    8名-15%
上記のほか、保健師、精神保健福祉士、介護支援専門員等の資格所持者もいます。

経歴
スタッフのアットホーム入社前の職歴は様々です。
経験年数は、資格免許取得後に実務経験がほとんど無い人から20年以上まで人それぞれです。訪問看護については、ほとんどが未経験で入社しています。

(正・准看護師)
急性期病棟、眼科、脳外科、整形外科病棟、病棟勤務、外来、訪問看護ステーション、訪問入浴、精神科看護(病院・学校・クリニック等)、老人保健施設、特別養護老人ホーム等


(理学・作業療法士)
回復期リハビリテーション病院、精神科病院、精神科デイケア、重度認知症デイケア等

トップへ戻る

ページの終端です。ページの先頭に戻る