実務者研修とは

実務者研修とは

「実務者研修」は、国家資格である「介護福祉士」を受験するための必須科目です。

新たな研修制度が開始 平成25年4月より、研修制度・キャリア形成のルートなどが変更されました。ホームヘルパー2級から「介護職初任者研修」として新たな研修制度が開始となりました。◯初任者研修修了者(ホームヘルパー2級研修相当):在宅・施設で働く上で必要となる基本的な知識・技術を修得し、指示を受けながら、介護業務を実践◯介護福祉士:利用者の状態像に応じた介護や他職種との連携等を行うための幅広い領域の知識・技術を修得し、的確な介護を実践◯認定介護福祉士(仮称):多様な生活障害をもつ利用者に質の高い介護を実践。介護技術の指導や職種間連携のキーパーソンとなり、チームケアの質を改善

(図をクリックするとPDFで開きます:360KB)

実務者研修は、平成25年に介護職員基礎研修とホームヘルパー1級が一本化されて出来た資格です。具体的には資格ではなく研修といった形になり、研修を修了すると修了証を受け取ることが出来ます。
実務者研修は介護職員初任者研修の上位資格としての位置づけになりますが、取得するにあたり介護職員初任者研修を持っていなければいけないというわけではありません。つまり、無資格でも介護の現場で働いている方が取得出来る資格となっています。

実務者研修のメリット

①介護福祉士の国家試験における実技試験が免除されます。
②サービス提供責任者になることができます。
③サービス提供責任者は訪問介護などの仕事をするにあたり必要であり、かつ重要なポジションであるため、就職に有利な役職といえます。

一般的には、以上のような3つのメリットが挙げられることが多いのですが、他にもまだあります。

実務者研修を修了することで、医療的ケアの仕事の入り口にたてます。(実際に医療的ケアをするためには別途、実地研修を修了することが必要です)
介護では必要性の高い痰吸引や経管栄養処置などが、これに該当します。

アットホームの実務者研修のeラーニング学習では、実務者研修資格を取得された後も、その年度の介護福祉士試験が終わるまで、無料で、何度でも介護福祉士の過去問を解くことができるようになっており、介護福祉士試験を目指される受講者に有利な講座になっています。